【中学3年生】クラス分けテスト実施のお知らせ&中3生土曜日補習授業2016

お世話になっております。成績アップゼミの戸風です。

本日は2016年10月18日です。

 

中学3年生対象の集団授業が始まり、1ヶ月半が経ちました。10月30日(日)には2ヶ月の総復習として「クラス分けテスト」を実施します。

こちらの集団授業もすでに7回が終わりましたが、どの教科も非常に濃い内容となっています。

中学3年生の保護者様からは、以下のようなお褒めの言葉を頂き非常に嬉しく感じています。

『以前、多摩センターで通っていた個別指導塾は英語と数学の個別だけだったから、理社も低料金でやってくれて助かる。』
『小テストで、できるまで居残り!ってのが良いですね。そうでもしないとウチの子勉強しないから』
『受験前に日曜日も1日中、塾を開けてくれるなんて良心的』

ありがとうございます!

子供たちは勉強時間が増えて嫌がっている子もいますが(笑)保護者の方々に喜んでいただき嬉しく思います。

この日曜日の集団授業も、まだまだ子供たちは受験に対して本腰が入っていませんが・・・12月以降なんかは、英数理社、暗記の課題やテストも物凄い出しますし、やればやっただけ入試の点数に直結する内容となっています。

つきつめるところ、勉強は暗記と理解ですが、暗記は生徒の努力に依ってしまいます。その努力する機会を塾で設けるという点が成績アップゼミの真骨頂であり、毎年結果を出し続けてる最たる証拠なのです。

 

今回は、クラス分けテストのお知らせとなります。

10月30日(日)のクラス分けテストに関して

■クラス分けテスト概要

○実施日:10/30(日)  ※いつもの授業時間内にテストをします。
○内容:9/4(日)の授業から学習した内容すべて
○結果:10/31(月)~11/5(土)に塾内に掲示

 

10月16日と23日の授業内で、範囲のプリントを配布しています。体調不良等でお休みしてしまった場合は必ず塾長の戸風か教務主任の牧野に声をかけるようにしてください。

すべて授業内で学習した内容かつ、解答も配布していますので満点が取れる内容となっています。数学と理科に関しては1部数問実力問題も出題します。英語と社会はすべて解答を渡している内容からしか出題しません。

11月に控えている期末テストの範囲と被っている内容が非常に多くありますので、是非満点目指して勉強を頑張ってください。

 

 

中学3年生対象の土曜日補習授業に関して

内部生に郵送している手紙の内容をそのまま掲載します。

日曜日の集団授業にて生徒達にはアナウンス済ですが、ご家庭でも周知の徹底をお願いします。

 

↓ ↓ ↓ ここから

10月29日(土)より土曜日20:00~22:00の時間帯を使って中学3年生対象の補習授業を行うこととしました。経緯としましては、日曜日の集団授業にて毎週英単語と訳のテストを実施していますが、正答率が低かったことと英語ができない生徒が非常に多いことです。

英単語・英文の暗記に関しては、生徒が自宅や自習室にて時間を取って暗記をしなければなりません。逆を言っていまえば、英語という教科は英単語の暗記、英文の暗記を徹底して行えば偏差値50は必ず取れます。

しかし、『覚えてきてね』『テストするからね』と指示しても、やってこない生徒が多いのも事実です。そこで、【授業】として機会を設けて強制的にでもやらせることにしました。入試までたったの3~4か月ですから、必ずお付き合いください。

 

■補習授業の概要

○曜日:毎週土曜日

〇時間帯:20:00~22:00
※中学1~2年生の集団授業の座席に余裕があるため、上記時間に設定しています。無料で実施している内容ですので、時間帯の変更等はできません。
〇内容:レベル別英単語、英文暗記
〇対象:10月23日のVもぎにて偏差値50以下の生徒 or 希望者

 

生徒達にはすでにアナウンス済ですが、10月23日のVもぎにて英語の偏差値が50以下だった生徒は、必ず土曜日に参加してもらいます。「今日は用事があるので休みます」といった類いの連絡は受け付けません。毎週必ず参加させてください。10月27~28日にはネットの速報にて偏差値が確認できますので、対象者にはこちらからお声掛けします。

 

2時間みっちり英単語暗記、英文暗記をさせます。以前、毎週土曜日に実施していたレベル別英単語のレベル52以降から順々に暗記させます。レベル100まで終えれば入試対策までの内容になっています。夏休みまでにレベル100まで終えた生徒は英語の偏差値が60以上あります。残り4か月弱ですので、悔いのないように頑張りましょう!私たちもトコトン生徒達に付きますので、何卒よろしくお願いします。

 

↑ ↑ ↑ ここまで

 

中学生の英語でしたら、英単語と基礎例文を丸暗記するのが学力アップの最大の近道です。誤解を恐れずに言えば、英語も数学もセンスがある子と無い子がいます。

英語のセンスがある子は英文法の理解が速く、感覚を掴むのが上手なので、理解したとたんに文章を作れますし覚えていってしまいます。一方、英語のセンスが無い(英語が苦手な子)は、そもそも英文法を理解するのに苦労するため、文の組み立てがうまくいきません。

『そこにコレもってくるか!』

なんてこともよくあります。その場合は、「理解→暗記」から逆のアプローチをすべきなんです。「暗記→理解」というわけですね。まずは手を動かして何度も何度も反復して「形」として英語を覚えてしまうんです。

すると徐々にですが、文法もわかってきますし英文も訳せるようになっていきます。

問題は、、、根気がいることです。スポーツと一緒で基礎練は地味ですし、時間もかかるし、毎日やらないと結果が出ないですよね?勉強は楽しくないので、なおさら嫌がる子達が多いです。

『覚えてきてね』『覚えないと英語できないよ』と生徒達に伝えるだけでも、生徒達はやってきてくれませんし、手をこまねいているだけでは何も変わりません。そこで、私たちは上記のような補習をすることにしたのです。

これぞ、成績アップゼミの真骨頂!そうお褒め頂けるように生徒達にトコトン付き合います。

こちらの記事もどうぞ。

Facebookページにもご参加ください。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ