理科社会の一問一答集を配布しました!

こんにちは、成績アップゼミの戸風です。

本日は2016年7月2日です。

 

今年は、成績アップゼミ過去最高の受験生が通塾してくれています。

特に他の個別指導塾に通われていて成績アップゼミに切り替えてくれているご家庭が非常に多く嬉しい限りです。

 

なぜ、他の個別指導塾から成績アップゼミに切り替えるのか?

 

その理由の1つが、「理科社会の集団授業」になります。

成績アップゼミでは、中学3年生の9月以降、毎週日曜日に「理科・社会の集団授業」を実施しています。

金額は驚きの6,000円/月!!

 

今年の生徒たちにはまだアナウンスしておりませんが・・・毎週、小テストがありテストに合格できないとできるまで居残りがあります。

クラス分けテストも2カ月に一度実施しており、入試までの半年間、理科社会の入試対策を徹底的に行うのです!

暗記系科目はコツコツと覚えないといけませんから、暗記の宿題やテストは鬼のように実施します。

 

 

理科社会一問一答集を配布しました!

IMG_3670

 

9月から始まる理科社会の集団授業ですが、8/27(土)にクラス分けテストを実施します。

こちらのクラス分けテストは範囲がバッチリ決まっておりまして、

『中学3年生の重要語句』

となっています。教科書だと太字で書かれているような大事な用語を一問一答形式ですべてまとめていまして、生徒たちは約2カ月間かけてこの用語を暗記します。

 

近年の都立入試では、用語を暗記するだけでは対応できないような問題がたくさん出題されます。

しかし、まず大前提として重要語句が頭に入っていないと理科社会の授業はまったく進まないので、この夏休みに徹底的に暗記させることが目的なのです!

 

 

暗記科目は短期間で教えてもらっても効率が悪い

理科や社会の暗記科目は、まず子供が暗記をしなければなりません。

いくら説明されたところで、生徒たちが時間を取って何度も何度も体に染み込むまで繰り返さないと意味が無いのです。

 

綺麗事を抜きにすれば、暗記科目は本人の努力によるところが大きいです。

だって、いくら英文法を説明されても単語や文が暗記できていないと意味がわからないですしね。

 

そこで、成績アップゼミは生徒たちが暗記をトコトンやるような環境を用意しているのです!

辛いですがやればやるほど成果の出る暗記科目。

成績アップゼミでバリバリ覚えましょう!!

 

 

 

こちらの記事もどうぞ。

Facebookページにもご参加ください。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ